• 最新トラックバック

  • FC2カウンター

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2016/10/23(Sun)

紅葉狩り

先週、那須に行って来ました。


10月も後半なのに当日の気温は平地で28度!

平日にも拘わらず現地に向かうに連れてクルマが増えてきた。

高地だから紅葉のピークが短い事を、みんなを知ってる。


ロープウェイは強風のため運行中止。
ロープウェイ


それでも・・・


駐車場から。
那須岳・到着



絶景。
紅葉の山 1

紅葉の山 2

圧巻!
駐車場から



現地の気温は17度で強風と重なって寒い。

景色を満喫して山を下る。

今度は暑い。なんじゃこりゃ、汗が滲んできた。

つい さっきまでの寒さは何だったんだ。


次の目的地は、落ちアユのつかみ取り&塩焼きで昼食の予定、
やな1

だったんだけど、簗(ヤナ)に居たのは小さいアユとヤマメが一匹づつ。

夏から9月下旬~10月の上旬までがピークだったらしい。


紅葉のピークを見ることが出来ただけでも充分。

イケスのアユを塩焼き定食でおいしく頂きました。


泊まりの旅行は もちろん楽しいけど、「 今だっ、逃げちゃお! 」みたいな日帰りも

目的が はっきり決まっていると楽しい。







スポンサーサイト
Home | Category : おでかけ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2015/05/17(Sun)

新潟ドライブ

引きこもったゴールデンウィークの反動で、1泊旅行へ行って来ました。

実は昨年に引き続き2度目の訪問。

ルアーロッド1本と、ほんの少しのルアーだけ積んで出発.。 たぶん釣れないと思う。

まずは、高速道路を降りて 一気に標高約1600mの大源太(だいげんた)山へ。

到着する頃には 昨晩から降り続いた雨も止んで、時々晴れ間も覗く。 

涼しい いや、 ちょっと寒いくらい。

途中で地元漁協の日釣り券を購入。


湖の上流から

         大源太湖 上流


大源太湖

         大源太湖



湖畔に沿って30~40分の遊歩道を散策。 犬、ごきげん。

         湖畔の散歩

途中、湖で歓声が上がったので目を遣ると ボートのすぐ脇で何やら魚が沸いている。

         ボイル


理由は、遊歩道を半分位歩いた所で分かった。

吊橋の上から観光客がビニール袋からエサを撒くと、大量のウグイ・コイ、 おおっ、あれはイワナか!?

いや すごい。 飼ってるみたいな寄り方だ。

         ボイルの正体


エサは1袋100円で売ってました。

それにしても魚のサイズが どれも大きい。

ここで釣ったら入れ食い間違い無し ・・・ 残念ながら湖は釣り禁止、ホントに残念。


気を取り直して散策。

地元のおじいちゃん達が山に入って何か採ってる。

すぐ分かりました。 山菜の宝庫。

         ぜんまい


遊歩道沿いにも、そこいらじゅうに群生してました。

それにしても魚を釣りたい。

湖を後にして走ると、支流の入り口らしき場所に時々路上駐車を見掛ける。

渓流を釣り上がる人達だろう。

でも かあちゃんと犬連れだし、放ったらかしで何時間も沢登りは出来ないから

宿までの道すがら、見付けた水路を狙うことにした。

あちこち散策しながら水路を見付けてはルアーを投げてみる。

停車の度に散歩。

ゴン&ナッツは

「 い、いいのか? こんなに散歩しても 」みたいな顔で振り返る。


・・・ んーとね。 釣りはダメでした。

魚に気付かれまいと、そーっとポイントに近づくと、ナッツが

イェーイ!って飛び付いて来んの。

魚、散るし。


チェックインの時間も迫って来たので、農道で1枚。

            レガシィ

クルマ、替えました。

これからは雪道でも大丈夫。



16時過ぎ、宿に到着。

チェックインを済ませ、入り口真正面の景色です。

        宿の前


スキー場。

去年は4月の初めだったから一面の銀世界。

スキーは3月いっぱいで終わり = ほぼ貸切。


今年もコレをやってみよう。

        ワイン


玄関脇のウッドデッキで ゆっくりワイン。 聞こえるのはウグイス等 野鳥、時々カラスの声だけ。

少し酔って呆けながら抱っこ。 ゴンは散歩し過ぎて ぐったり。

暫くは正面を見てても、コテッと腕に頭を預ける。 かわいい。 親馬鹿。

            ほろ酔い


だいぶ冷え込んで来たので夕食の時間まで部屋で ひと寝入り。


ココの食事は 女将さんが作ってくれるんだけど、本当に美味しい。

オーナー自ら採ってきた山菜の天ぷらに始まり、山程のおかずが並ぶ。

「 旬のものは色々食べてもらいたい」って、すごいサービスで「採算は?」って感じです。

で、すごい量なもんで 残しちゃいけないと途中から必死に食べるんだけど、

メインのステーキの頃には おなかぱんぱん。

頑張って全部頂きました。


超満腹が落ち着いてから、もうひとつの お楽しみ。

南魚沼市の夜景。

         南魚沼市の夜景

部屋の窓から見下ろせます。

AM12:30頃 就寝。

翌朝の景色です。

        朝の南魚沼市


見渡す限り、本場・コシヒカリの田園。


もう1枚

         朝の南魚沼市2

秋頃には見事な雲海を見下ろせる時もあるそうです。



2日目AM9:00

オーナーご夫妻達に見送られながら名残り惜しみつつチェックアウト。

田園風景を楽しみ、

         水田1

         水田2


地元の渓流沿いに有る 大きな公園で散歩をしていると、年配の釣り師発見。

ビク(魚を入れる籠)を見せて頂くと、ヤマメが3匹。 僅か1時間ほどの釣果だそうです。

やっぱり地元の人には敵わない。


帰りの道すがら、お世話になった宿を撮りました。

山の中腹の

        宿・遠景


ここです。

         宿・拡大




違う季節にも来てみたい。




Home | Category : おでかけ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2014/01/01(Wed)

富士山ざんまい

新年おめでとうございます。


例年、30日か大晦日までジタバタしてたけど 何年ぶりかで落ち着く事が出来たので

30・31日の1泊で出掛けて来ました(宿、キャンセルしないで良かった)。


ゴンも助手席でワクワク、外の景色に夢中。

ごん正座

朝早く出発したものの、ボケーッと走っていたら高速の出口を見逃してしまった。

たかが1泊だけど、急ぐ旅でもないので次のインターで出て暫く散策していると こんな橋を発見。

いはひはし

すごく読み難い。

口に出すと「 いはひはひ 」って、アゴがカクカクする。

少し進んだらこんなプレートが有って納得。

祝橋

橋の上から下を覗き込むと足がすくむ高さ。

日川(ひかわ)

暫く散歩をして朝日に照らされた南アルプスを楽しみながら目的地にUターン。

南アルプス




今回は 世界遺産にもなった事だし、正月らしく撮れたて新鮮な富士山の写真をメインに載せますヨ。



何度か訪れてるけど、初めての雲ひとつ無い快晴!

富士山1



続いて忍野八海(おしのはっかい)。

忍野八海から

何度来ても、湧水の美しさに見入ってしまう。

湧水

人気(ひとけ)の無い、ずっと下流まで散歩。これ、いつものパターン。

忍野八海2


次に向かったのは山中湖。

湖面の朝靄(あさもや)は幻想的。

早朝の気温は-13℃だって!

朝靄(あさもや)の山中湖1

朝靄(あさもや)の山中湖2

さあ、早く着いちゃったから時間は たっぷりあるぞ。

また散歩で犬は大喜び。

妻と話して、珍しく遊覧船なんぞに乗る事にしました。

水陸両用車。

カバ1


このKABA号、ふたり一組の座席で、ウチらの前に座っていたひとり旅と思しき「お兄ちゃん」。

それとは別に、娘・孫と一緒に乗車した「おばあちゃん」が、そのお兄ちゃんと相席だった。

ガイドさん曰く、


「カバは幸せを呼ぶ動物と言われています。

 きょう、お隣同士で座られたおふたりには幸せが訪れることでしょう」

娘さん、ひと言、

「母を宜しくお願いします」 「・・・あ、いや、どうも・・・」

廻りも爆笑。


出発してから10分位で岸辺から湖へザブーン!

楽しげな歓声が上がりました。

湖面から富士山を望む。

カバ3

ガイドさんの話も気が利いてて面白かった。タマにはこういうのもいいな。

カバ2


湖畔で昼食を済ませたものの、チェックインまではだいぶ時間がある。

取り敢えず宿の近くまで行って見ようと云う事になった。

湖を少し離れて山道を上ると完全な雪道で、所々アイスバーンになっている。

今回は妻の乗用車で、一応スタッドレスに換えてある。

コレは是非、試してみないと。

或る程度の急坂もLレンジで結構上れることも、調子コイてスピードを出すと止まらないのも

少しづつ判って来た。慣れると便利なスタッドレス。

雪道の「試乗」をするウチに、降りて遊びたくなった。

まずは犬。 本日何度目かの散歩。

もう、回数忘れた。ウチのクルマ以外、通行量はゼロ。

大喜びで走りまくり。 コイツら、タフだなあ。

雪道1


こんなトコだって知ってたら「そり」とか持ってくれば良かった。

クルマの中から代わりになるものを探したら、こんなモノ発見。

樹脂のバケツ。

雪遊び1

頼む。ケツ、入れ!

雪遊び2


OK、 ゴー! おぉっ、加速して来た。

雪遊び3

お約束。

雪遊び・お約束

いやあ、楽しい。マジで。

ココで遊んでたら、あっという間にチェックインの時間になってしまった。

後で思いついたんだけど、コンビニでカッター買ってバケツ切って平べったくして

両足で踏んづけたらもっとコントロール出来て面白かったかも。

スノボとかも、ちょっとやってみたくなった。



宿に着いて部屋に入り、窓を見ると

つらら


来たね、山奥。うれしい。

犬はもう、ぐったり。ナッツは時々起きるけど、ゴンはこんな感じ。

オッサンの、疲れ過ぎた情けない顔は公序良俗に抵触しそうなのでカットしました。

ごん・爆睡

翌日も超快晴。

散歩を終えてから朝食後、チェックアウトまで宿の犬と遊んで貰う。

帰りがてら、河口湖へ。

標高が低いぶん、山中湖に比べて雪が無い。

またしても散歩 → 昼食 → 高速道路 → 勢いで相模湖下車 → 散歩&快速ボートで湖一周。

大晦日の夕方、戻りました。

本日も人・犬ともにぐったり。


ラストに もう1枚、河口湖から撮った富士山を載せときますね。

河口湖から


ブログを見て頂いている皆さんにも、良い1年でありますように。





Home | Category : おでかけ |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0
2012/11/09(Fri)

安曇野(あずみの)から蓼科(たてしな)へ。

暫く前ですが、休み無しで仕事をしていたら、どうにもたまらなくなって信州方面へ。

人の多い場所は少しだけ。

ただ、静かなところに居たくて3日間とも山の中と水の傍に滞在して来ました。


文章はちょっとだけ。


まずは安曇野。
諏訪湖SA
安曇野・大王わさび農場
林道散策
出たら、こわい。

渓流
渓流2
清流

次は蓼科。
蓼科・白樺林のコテージ
コテージの窓から。
女神湖と放牧
木道
湧水
湧水2
蓼科山・紅葉の始まり。


別荘でも持ってたら、1年のうち半分位こんなトコに住んで仕事したい。





・・・さ、現実に戻って仕事しよ。

Home | Category : おでかけ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/04/15(Sun)

水面( みなも )から。

日曜日のお昼過ぎ、製作依頼を受けていた仕事内容の変更で材料が足りなくなり、

急遽 時間が空いてしまった。


よく見ているバス釣り専門のお店のブログが記憶に残っていて


気持ちがソソられていた。 楽しそうなイベント、部外者だから見るだけでも・・・


( 夫婦でのんびりカヤックフィッシング・・・なんか、優雅でイイなあ )


もう午後1時前だけど行ってしまおう!


4年前にネットで買った2人乗りのカヤックを急いでクルマに積み込んで出発。

約2年振りに水に浮くぞ。



場所は茨城県の小貝川。


現地に着くと駐車場は満車、人・人・ひとだらけ。


あれ?ブログで見た写真の雰囲気と違うぞ。 もっと上流なのかな? 

よし、乗って上流に向かってみよう。取り敢えず時間が無い。


クルマのバッテリーにエアポンプを繋ぎ、急いで膨らませた。

準備OK

↓ えいっ えいっ ・・・ 結構、流れが有ってキツいぞ。


上流へ。


必死に漕ぐけど向こうの桜並木が とても遠い。 時速1kmってトコロか?

オマケに、カヤック本体が折り畳んで仕舞っていたせいか、どこかから空気が抜けて

フニャフニャになって、スピードが見る見る落ちてきた。



こんな場所でカヤックフィッシングをしてるのか。 みんな、腕力、ハンパねえな。



必死に漕ぐ事1時間。

釣っている人の姿が見えない。 帰っちゃったのかな。

↓ 体力の限界なので川の流れに任せて元の場所に着岸。コレは早かった。

船頭さん

船頭さんもウラタマ出して頑張ってくれたけど、何の役にも立たず。


上陸してメシ食って後片付けをしている内に4時を廻ってしまった。

このままでは余りにも勿体無いので土手沿いを歩いて上流へ向かった。



と、駐車場から土手を登って間もなく、右側に先程 苦労して漕いだ小貝川と平行して

もう1本の川が・・・



見ると、のんびりバス釣りをしているカヤックが数隻。

のーんびりと・・・

そう云えば小貝川福岡堰( せき )って書いてあったし、最初の駐車場の真横にも

大きな流れ込みも有ったっけ。 気付けよ、オレ。


優雅に釣りをしている人を羨望しながら小1時間の散歩。


結局 イベントには間に合わなかったけど、久しぶりに全力で遊びましたぞ。



もう、ね。 腕パンパン。









Home | Category : おでかけ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。