• 最新トラックバック

  • FC2カウンター

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/08/04(Sat)

真実って、なんだ。

オリンピックも終盤に差し掛かり、残った競技が楽しみ。

けど、非常に嫌な事もある。


ボクシングの試合で誰が見ても明らかなダウンを何度も見ていながら贔屓(ひいき)でカウントを取らず、

挙句の果てにはヘロヘロになったダウン続きの選手の手を高々と挙げて勝者にする審判。

会場が呆れ返った。

当の本人は(何が悪いんだ?)という顔。

当然、審議やり直しで覆ったけど。

ウソの勝利を貰った選手が常識人なら、一生 負い目を感じて生きるしかないだろう。

あまりにも露骨で世界中が見ているから、この審判は追放になった。

つーか、なんでこんな奴使ったの?


どんなに自分が悪くても絶対に謝らない人間って大嫌い。

そんな奴が出世し易いのもイヤだけど世の中の常。

だけど、オリンピックにまで汚い私欲を持ち込むな。


審判が絶対的な立場と言うなら、本当の意味での誇りと責任を持って臨むのが役目のハズ。


4年もの長い間、人生の大きな部分を賭けて臨んだ超一流のスポーツマンが集うイベントに

道徳が無かったり、当たり前の事も出来ない三流以下の偽者が紛れ込み、

そんな連中に結論を委ねるなんて事が有って良い訳が無い。


オリンピックの度にこう云った気持ち悪いモノが湧き出て後を絶たない事に怒りを覚える。


誰でも自分の国の選手が勝ったら、そりゃー嬉しい。

でも、本当に見たいのは裸の王様みたいな安っぽい飾り物なんかじゃなくて真実そのものだし、

一瞬でも自分が人間である事に喜びを感じ、感動する。

キレイ事でもいい。それが無くなったらオリンピックの意味がない。


プロの技術を持ちつつ、それでも間違いは間違いとしてその場でスパッと謝れる

度量こそが運営する側の人間として守らなきゃいけない最低限のルールだ。


信じられるのは頑張ってる選手達の姿だけ。


ハンパないプレッシャーだろうけど力を出し切って欲しい。































スポンサーサイト
Home | Category : 日常・想 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。