• 最新トラックバック

  • FC2カウンター

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2014/07/03(Thu)

一昨日の2時過ぎ頃、

仕事場で馴染みのお客様Aさん・Bさん(自分を含めて3人)との

打ち合わせが終わって談笑していたところに、

或る営業の女性が来訪。


見た目は20代後半~30代前半で、ショートカットの「なかなかの美人」。


仕事上、使えるかも知れない材料だったので(本当は、それは口実だ

中に招き入れて話を聞くことになりました。


2人のお客様も少しテンションが上がって楽しい雰囲気になり

会話が弾みます。


暫くすると、お客様・Aさんがノリでその女性に軽いシモネタ

(と云っても、おならプーみたいな)を振ったところ

それまで楽しい雰囲気だったのに突然、怪訝(けげん)な表情に変わり、


  あたし、わかんなーい  みたいに首を傾げ、突然笑顔が消えました。


怖い。 なんだ、このコ。


場は、一瞬でしらけ、重い空気に変わったので立場上これはマズいと思い

話題を逸らしましたが、中々この妙な雰囲気から脱出出来ません。


「・・・ じゃあ、何か機会があったら連絡しますんで 」


退出を促しました。


嫌な後味を残して帰った後、フォローで


自分  : 「 あれじゃ駄目でしょ 」

Aさん : 「 んー、オンナってむずかしー! 」(お茶目に)

Bさん : 「 もったいねえなあ 」


同感。

みんな、美人と話すウキウキ感はあったけど、素材の説明も ちゃんと聞いてたし、

イヤラシい雰囲気はゼロだった。

本当に育ちが良くって、そのコにとって苦手な話かも知れないけど


「おならプー」で大魔神みたいな変わり方って、

催眠術のキーワードだったのかな?


Aさんと同じく、ムズカシー!



スポンサーサイト
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。