• 最新トラックバック

  • FC2カウンター

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2016/04/06(Wed)

夢にまで見る、ちっちゃい夢・その2

前回の続き。



カヤックにも色んな種類があって自分が欲しいのはシットオントップタイプで、海で沖に出て

魚釣りが出来るもの。


楽しい話だけじゃないだろうから、怖い記録もキッチリ読んで置こう。


そうやって探している内に欲しいカヤックが具体的に絞り込めてきました。


風や潮流に強く、或る程度の長さも必要。

軽くて小さい艇は手軽な反面、沖に出るほどリスクも大きい。

本当は2人乗りが良いけれど浮力の関係で1人で乗った時 どうしても一人乗り専用艇に

比べて重心が上がって不安定になり、特に自分の様な体重の軽い人間が乗る場合は

その傾向がより顕著になるので選び方が難しいみたいです。


装備品は後から考えるとして、まずは自分の釣り方と年齢・体力を考えながら

じっくりと本体を選ばないと。



そんな中、以前から気になっている船がありました。










これです。











スワンボート








うそです。



海に出たら、でっかいアフラックがいると思われます。

それも うそです。



見た目の のんきな感じとは裏腹に、海に出たら命懸け。

これは本当です。



いや、興味の無い人には そろそろ退屈な内容かなーって思って。


お時間を取らせました。



アメリカのホビーカヤック社製・レボリューション13。

レボリューション13

船底からニョキッって出っ張っているのは「 ヒレ 」。

ミラージュドライブって特許で、面白い動きをします。



船上にペダルが付いていて、これを前後に漕ぐとヒレが動いて進む仕組みになっている。

左右の旋回は、手元のレバーで行ないます。

上の写真にくっついてるオプションのターボフィンを使えば大人が小走りする位の

スピードが出るそうで、2馬力の船外機と変わらないぐらい( すごい )。

脚力は必要だと思うけど。

但し、バックは出来ません。


カヤックの基本は手で漕ぐもので、この脚漕ぎタイプは数年前まで一部アングラーの間では

邪道とか外道扱いされていた事もあったらしいけど、魚釣りに使う船なんだから竿を持つ手が

自由になるし、手漕ぎに比べてスピードも早いので今は結構なヒット商品になっている。

後ろに くっついているヒレはラダーと云う これもオプションで、舵の役割 + 強風に煽られて

真っ直ぐに進まない時に直進安定性を助けてくれる部品です。

初めてネット上で見付けた当時は確か20万円ぐらいだったと思うけど、装備の追加や

改良を重ねて今は1,6~1,7倍の価格に跳ね上がってしまいました。


いいや。 もう、これで思い切っちゃおうかなーと迷っていた去年の夏、





コレだ!




と思えるカヤックを、とうとう見付けてしまいました。













アフラック


 ・・・  ごめんなさい ごめんなさい。 もう、しません。




















手漕ぎバージョン

愛知県に有るベイロマンス・カヤックスのフィロソファー156。

色気さえ感じる、5m近い 美しい流線形のフォルム。

製作者は佐々木さんと仰る、元々はプレジャーボートの設計に携わっていた方で

独立して自分で一からカヤックを創る工房を立ち上げ、目指すは世界初のユニットを

組み込んだ脚漕ぎカヤックを完成させる事だそうです。

現在のところは、写真の「 手漕ぎバージョン 」の発売まで到達していますが、

脚漕ぎバージョンは未だ試作を繰り返している段階で、発売時期も未定だけれど

ここまで来たら体力とトシを考えながら待てる限り待とうと思っています。



予断ですが、、この手漕ぎ(初期のプロトタイプ)のテストパドラーを買って出た屋久島の

ゴツい人が、人力で!?・・と驚くほどの数値を叩き出しています。



早く海に出たいなあ。



そんな中、嬉しいサプライズがありました。

( も1回だけガマンしてね )。


・・・ 次回「 夢にまで見る ~ その 3 」 へ、

つづく。




スポンサーサイト
Home | Category : カヤック |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。