FC2ブログ
  • 最新トラックバック

  • FC2カウンター

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

2009/11/30(Mon)

テレビ

1週間のご無沙汰です。

本来の仕事の時間以外は、相変わらずオリジナル・カッティングステッカーに のめり込み、ブログが

お留守になってます。


ちょっと根(こん)詰まって来たので昨日の夜は早目に切り上げ、のんびりとテレビを見る事に

しました。

連続モノのドラマは第1回目を見て面白そうだと、毎週見ないと気が済まなくなってしまうので、

忙しい時は 意識して見ないように心掛けてはいるのですが、ここのトコロ幾つかハマってます。

( ホントはテレビ好きです)。

木曜日の「不毛地帯」、日曜日の「坂の上の雲(第1回目)」と「仁(JIN)」。



先週の日曜日、たまたま夜更かししていたら「ワンステップ」という番組に釘付けに…。


ドラマとは違うんですけど、20代前半で経験3ヶ月~3年の見習い江戸前寿司職人3人が山村の

小さな集落に出向き、目の前で自分たちが握ったお寿司を ご馳走すると云う 2週連続の企画

でした。


現地の漁港でネタを仕入れて、たった7人の お年寄りを前に 緊張しながらも、真剣に

今の自分たちに出来る限りの技を持って、次々と握って行きます。


集落の人たちが とても美味しそうに そのお寿司を頬張り、口々に



「 遠くからこんなところまで来てくれて夢のようだ」



「 おいしい … 。 一生忘れない」 



そう言いながら涙ぐむお年寄りもいました。


その姿を見ているうち、それまで淡々と握っていた若い寿司職人の一人が感極まって


「こんなに喜んで貰って嬉しい」


と思わず泣いてしまいました。



若い時から しっかりと目標を持ち、それが番組を通して より一層 意識が高まる様子を

目の当たりにして胸が熱くなりました。 きっと、いい職人になるんだろなー。

いつの時代、どんな職種や年齢でも、一生を通して自分が生きている意義をまっすぐ見続ける事が

出来るって、簡単じゃないとは思います。

でも「好き」を仕事に選ぶ事が出来るのは,それだけでも大きな一歩だと思います。


自分自身に置き換えて、口に出して

「 トシだから」 とか 「 食えればいいや」 は、やっぱり空しいです。

(もちろん、食って行くのは大事ですけど)

いつでもやりたい事がある って、単純に嬉しいコトですもん。


タカがテレビ番組って言っちゃうと それまでだけど、若い寿司職人さんはもちろん、こういう企画を

作って「魅せる」才能と意識を持っている人たちにも頭が下がりました。


「 スキなんだろなあ、仕事」

     &

すごく好意的な意味で


「 寝ないで編集したりとか するんだろなあ、バカだなあ」 と 勝手に思わせてくれます。


予告を見ると、「 手紙の代筆 」でした。面白そうです。





あ、やばいやばい。 また見なくちゃいけない番組が増える … !




















スポンサーサイト



Home | Category : 日常・想 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • No Title

    オレって、そう言う事に感動する人間が大好きなんです。どんなに素晴らしい人なんだろう・・って。
    その人って子犬を連れて散歩している・・あの人?、ひとは見かけで判断してはいけない・・の見本。

  • No Title

    あの人? … あの貧相な顔をして、黒と茶色の犬を2匹連れた人でしょうか。

    多分、見た通りで買い被りだと思いますケド。

  • 仁(JIN)は自分もはまりました。最終回の終わり方も好きでした。

  • No Title

    コメント2つ、ありがとね。年内、あと3つの仕事が残ってます。もう、全力で終わらせます。
    JINの件は、どう解釈したら良いのか判りませぬ。今度会った時に聞かせて下さい。

Home Home | Top Top